01 | 2011/02 | 03

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昨日、ランチ営業前に酔心調理製菓専門学校の

卒業記念作品展の審査員として伺いました。

もちろん審査するのは洋食を担当、

作品には個性の光るもの教科書通りのもの様々でした。



この作品をつくっている生徒たちは

来月には専門学校を卒業し

4月から調理の現場に入ってくる若者たちだ!


何人の生徒が実際に調理の現場に入ってくるかは

わからないが是非5年先、10年先の自分を思い浮かべて

頑張ってほしい!


最初はもちろん自分の描いていた世界とは違うかもしれない

すぐには料理をつくらさせてもらえないかもしれない。

体力的にも精神的にもつらいかもしれない。


けれども、調理の世界だけでなく

どの世界に入ったとしても最初はそんなものだと思う、

逆に厳しくないところでは人間は育たないし

人間の厚みが出てこない様に私は感じる



自分であえて厳しい道を選び

成長出来る人間はごくごく稀な存在だと思う



自分で出来ない人間がほとんどなら

そこで必要になるのは環境だと思う

自分を育ててくれる環境があるかないかで

人間は大きく変わるだろう!



若者たちには我慢と辛抱を覚えて頂き、頑張ってもらうのだから

我らシェフ達はいつまでも若者からリスペクトされる存在として

あり続けるために今以上の努力をしなければいけないでしょう!




もちろん私もその一人である。



スポンサーサイト
 
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。