06 | 2011/07 | 08

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昨日1日だけの梅雨休みだった晴れた日を狙って

廿日市の山奥にあるきなり村の畑を見学に行きました。

ここはもともとアーティチョーク、イタリア語でカルチョーフィを

主に栽培している会社です。


今では栽培する野菜も西洋野菜を中心にバラエティにとんでいて

見学させてもらった畑でも、

あちらこちらでいろいろな野菜が芽をだし花を咲かせ、実をつけていました。

今からは夏野菜の豆類やオクラ、ズッキーニ、かぼちゃなどが

ドンドンと取れてくるそうです。



またこの会社は野菜だけではなく、鶏卵、養鶏、最近ではスッポンの養殖まではじめています。

スッポンの販売にはもう少し時間はかかるという事でしたが、

僕としては気になっていた食材の一つではあるのでとても楽しみにしています。



何よりも久しぶりに驚いたのはここの玉子でした!

まだ金額的には少々高めではありますが味は絶品です!

まかないで玉子かけご飯にして食べて見たのですが、

久々にうなりました、“こっ、こっ、これは美味い!”

この玉子を使って、あれやこれやをつくったら美味しいはず、

いや、美味しくならない訳がない!

思わず私の創作意欲にスイッチが入ったくらいの味です。

是非、機会があれば食べて頂きたいです!


なぜ、この様にイロイロな事をきなり村で行っているのかと言うと

ここの親会社の関係で土、肥料、自然エネルギーなど環境に関する研究を

独自でこの会社が行っています。


ですから、畑と同じ敷地内に立派な研究施設もありました。

そこも一緒に見学させてもらったのですが、

とても畑に来たとは思えない程の科学的な研究をされていました。

もしかしたら、ここの施設の協力を得られたら

広島独自の分子ガストロノミーが出来るのでは?

っと私の頭の中を風が通り抜けました。



分子ガストロノミーとは分子料理学と訳させる事が多いです。

世界的に有名なお店としては今は閉店しましたが

スペイン・エルブジがありました。



そこのシェフであるフェラン・アドリアがつくった料理は

賛否両論はあるものの新しい調理法を作り上げたり、

科学的に調理を解説したり、

人を楽しませる料理を作った実績は

物凄く世界の料理界に影響を及ぼしました。



もちろん、私の力量では遠く及ばないでも

何か少しでも広島の産業、地域社会に貢献できるモノを

つくりだす事は出来ないでしょうか?

できたら楽しそうだなっとその時感じました。


もしかしたら、

もうすでに誰かがやられているかもしれませんが…、

それならそれで物凄く楽しみです!


飲食業に携わっている人だけでなく一般の方でも

きなり村、この会社はこれから目が離せないですよ!










スポンサーサイト
 
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。